Way to Puerto Galera. SiKat Transfer


Si-Kat transfer bus

シカット直行便―プエルト・ガレーラへの道

マニラからルソン・ハイウエーを一路南へ下る。途中で道路を変更するが、ノンストップで(もっともトイレタイムが1回ある)、1時間30分程でバタンガス港へ到着する。そこから船に乗り換えて、ルソン島の南にあるミンドロ島へ渡る。スペイン統治時代にはガレー船が船泊まりしたといわれる港、プエルト・ガレーラを目指すことになる。以前には高速バスの便は、何便か有ったそうだが、現在では、午前8時、マニラのマビニ・ストリートにあるシティー・ステート・タワー・ホテル前を出発する一便のみしかない。

シカット・トランスファー(Si-Kat Transfer)と呼ばれるこの直行便は予約が必要だ。出発時にはほぼ満席になってしまう。乗客の多多くは欧州人である。我々の直ぐ前の座席に座った4人組はフランスから来たファミリーだという。皆大きなバッグを抱え、これから一ヶ月ぐらいは滞在するらしい。一緒にいた英国人の老夫婦が、地球の裏側まで来た事に感激したのか、我々がどこから来たのかを尋ね、握手を求めてきた。ちなみに、Si-Katとは本NPO法人の理事である市川恭治氏編纂のフィリピン語-日本語実用辞典(日本地域社会研究所刊・2006)によると、「昇る太陽」という意味だそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中