Sabang Beach – A Sanctuary of the Long-Stayer’s


サバン・ビーチ

最初の晩はナグラ・ビーチに泊まり、夕方、かの有名なフィリピン特有の交通機関「ジープニー」でサバンビーチへ繰り出した。サバンビーチの夕方は引き潮で、前浜の海底が顔を出している。海底に藻がたくさん露出して、きれいだとはいえない。昼間は海水で覆われ、たくさんのバンカーボートが浮かび、その周りをたくさんの子供が取り巻いて泳いでいる。

船が着くと彼らは群がってきて、ロープを引っ張ったりなど、お手伝いをしている。感心なものだ等と思っていると、そのうちにコイン、コインなどとねだって来る。お客さんにコインを海底に投げてもらい、素早く潜ってコインを拾って来るという芸を披露してお金を稼いでいるようだ。それだけ海がきれいだという事であろうか?

  

白人の隠れ家

サバン・ビーチから海岸沿いに、スモール・ララグーナ、ビッグ・ララグーナ・ビーチへと歩いてみた。ビッグ・ララグーナのドンづまりのレストラン・バーで一休み、サンミゲルを飲んでいるうちに夜になってしまった。すると、この辺りに泊まっていると思われる白人が三々五々と集まってくる。かなり長期間逗留しているのであろうか、メニューなぞ見ずにウエイトレスに何か合図を送るとOKとなる。多分、毎日日替わり定食のようなものを食べているのであろうか。相当の常連さんのようである。東洋人のお客はわれわれ以外には誰もいない。コーカシアンばかりだ。この辺はヨーロッパ流れ者の隠れ家なのか?レストランに備え付けられたかなり手垢にまみれた書物を読んでいる白人もいる。日本ならさしずめ週刊誌を読むというところだろうが。ということは付近には図書館、ブック・ストアなどの書籍関連文化施設がが少ないのかも知れない。

この先にココ・ビーチがあるというが、山越えをしないといけないというので、またの機会にして、引き返す事にしたが、足元が非常に暗い。

 

ブラウン・アウト

やっと明るい所へ来たので、とあるビーチ沿いのレストランに入り夕食をとっていると突然停電である。停電は英語では通常ブラック・アウト(black out)というが、この辺ではブラウン・アウトと言っている。blow, blew, blownのブラウンらしい。つまりヒューズがとんだのだと言っているわけである。電力不足によるらしい。需要に供給が追いつかないだろう。そういえばこの辺りには、火力発電の高い煙突も高圧線の鉄塔も見えない。どうやって発電しているのだろうか。そうこうしている間に電気が点いたので、食事を済ましたが、バーホッピングを終えて夜遅くナグラビーチに帰着してみると、辺り一帯は依然ブラウンアウトのままである。ウィリンさんが懐中電灯を照らしながらやってきて、ゲートの鍵を開けてくれた。セキュリティーは厳重である。ろうそくを一本渡されて、それが今夜の灯かりとなった。バスルームの洗面台の上に立て、ドアを半開きにしておいたら、良いムードのライティングとなった。朝までにろうそくは半分の長さになっていた。結局、次の日もプエルト・ガレーラは一日中停電だったらしいが、サバンは自家発電で電気を灯したらしい。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中