ある日本人ロングステイヤーの生活(2)


Miller's Bar
アンヘレスの住人・多聞氏は、この地に住み着いて早や2年以上にもなる。はじめの頃は、物珍しさも手伝って、毎日のようにフィールズ街へ通い、あちこちとバーを徘徊していた。費用は1軒当たり150円(75ペソ)程度で安いが、どこも同じようなものばかりで、3ヶ月も経つと、だんだん意欲が沸かなくなってきたらしい。それでも、ショーを見学するために、今でも週に一回くらいは、クルージングしてはいるという。しかし最近では、自宅の近くにある例のメリッサのいるホテルで、晩飯も食べるようになったそうである。
CIMG5207
CIMG5379
522908_311095452343600_500725164_n
従って、多聞氏の一日は、朝起きると、クラークトン・ホテルでの朝食。気が向けばプールでひと泳ぎ。昼食は市内にある日本食レストランで摂り、来合わせた邦人ロングステイヤー仲間との情報交換。次に、フィールズ街をクルージングして帰宅。ラテン系の習慣シィエスタを取り、夜は主にクラークトン・ホテルのミラー・バーで過ごすという、判で押したような生活になる。彼には本職というものが無いので、有り余る余暇を今のところゴルフに使っているが、もっと有用な余暇の利用が今後の研究課題であろう。
CIMG5155
上・下の写真はクーヤ・タモンが、ロングステイの仲間と一緒に、よく昼食を取る和食レストラン「萩の家」さんのエントランス。
423220_143732962413184_1373171780_n
下の写真は、「Hagi no Ya」さんのウエイトレスと食事。
CIMG5152
424850_143737292412751_1814710888_n

430837_143735685746245_941172737_n
CIMG5154

広告

ある日本人ロングステイヤーの生活(2)」への3件のフィードバック

  1. Paradise Islands でリブログ& コメント:

    フィリピンへロングステイを考えている方、必見。

  2. 子育てで片時も気を抜くことの出来ない生活なので、こういう生活は楽しそうにみえます。
    うらやましいですね。
    定年退職したらマニラで小松崎憲子さんたちと老後を過ごすことを楽しみに準備をしていました。
    ローズプリンセスホームを選択しなかったのは神様の慈悲なのかも知れません。
    夢を実現していたら貯金を全部預けてしまい大変なことになっていたところです。
    50歳で早期退職したときに決行したタイ旅行で運命が変わりました。
    あの旅行で運命が開けたんですね。
    パタヤで楽しく過ごせるのはアンヘレスと同じノリなのでしょうが、数カ月で飽きてしまいました。
    人間がダメになってしまうのを実感していました。
    それで最後にタイ東北地方を旅行したのですが、そこで妻と知り合いました。
    人の運命というものは、こんなものでしょう。

    • タイのチェンダオとか言う所に住んでいる日本人がおり、温泉、焼酎醸造を手掛けている方の所へ2-3年前に行った事があります。最近は財政事情で控えておりますが、当NPOの理事の方が毎年訪問しており、その内、日本人の健康管理システムを作るとか言っておりますが、なかなか実現は難しいようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中