ある日本人ロングステイヤーの生活(3)


179984_217157228404090_37704219_n
アンヘレスの住人・多聞氏は、遊びの達人だ。海ではダイビング、陸上では、かってプロゴルファーを目指したこともあると言うほどの腕を持っている。最近、車を購入したので頻繁にゴルフに出かける様になった。ここアンヘレスの近くには、かって日本人プロゴルファー青木功が、米国ツアーで優勝したことのあるミモザ・カントリークラブをはじめ、たくさんのゴルフ場があり、料金も比較的安いので、週に2ー3回も出かける事もあるそうだ。ゴルフ代金は、平日2,700ペソ(約5,400円)、休日は7,000円だが、それにガソリン代は月約8,000円程かかるという。
542511_217158118404001_1926481185_n

kuyaGolf1
このアンヘレス市に住んでいる日本人は、リタイア組が、約20人位、出張組は約50人程のいるという。リタイア組は定期的には会合を開いていないそうだが、。出張組は「お気楽会」という名のゴルフコンペを土・日・祭日と、頻繁に開いており、タモン氏もこれに参加するのだという。そんなわけで、クーヤ・タモンは、飲み代、バー代その他を含め、食費に月4-5万円も支出しているという。以上の生活費をざっと合計すると、最初の方に記した家賃4万円を加えると、結局、毎月の生活費は、10万円は軽く超え、15万ほどはかかるだろう。毎日が暇だとはいえ、少し遊び過ぎではないかと思うが、日本で同じことをすると、住居費を加え、月50万円は軽く超えるであろう。こちらに来れば、日本国内で生活するのに比べると、かなり優雅な生活ができるわけである。これも、円高という日本経済の「お陰」という事ができよう。 

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中