サマール紀行(1):レイテからサマールへ


サマール紀行(1):レイテからサマールへ
551689_402043596528018_1936972244_n
昨年の台風で甚大な被害を受けたフィリピンのレイテ島とサマール島。
レイテより更に貧しいと言われるサマールには、東・西および北サマールの3州があるが、そのいずれにも、定期便の通っている空港はなく、最寄りの空港はレイテ島のタクロバンである。
 東サマールの州都ボロンガンからは、島の東海岸沿いを下って、南端を回り、サン・ファニーコ橋を渡って、乗用車で4時間は掛る。日本の援助でマルコス時代に出来たという、「東南アジアで一番長い」と現地のヒトが自慢する、このサン・ファニコ橋は観光名所とはなっているものの、レイテ側から見ると、交通量も少なく、無用の長物のようにも見えたが、サマール側から見ると、どうしてどうして、この橋は州都ボロンガンから首都マニラへと直結する道路であるばかりではなく、サマール島全域から、救急車が患者をタクロバンの病院へ、救急搬送するための最重要な生活道路なのである。
CIMG0179

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中