タグ別アーカイブ: long-stay

カオハガン紀行(7)天国に近い生活とは


CIMG4322

我々は、1日200L以上もの水を何に使っているのだろうか。飲料水ならば2Lもあれば十分だろう。洗濯、風呂、シャワー、トイレが多量の水の使用目的だ。昔、日本では風呂の水は焚き沸かして何回も使ったのだが、最近は洋式風呂の様に、各人流してしまうようだ。こうなると200Lのリミットを簡単に越えてしまうだろう。フィリピンでは日本式風呂は大変な贅沢な物の一つである。自分の家を持っている中流程度の家庭でも、風呂はおろかシャワーの出口もない。シャワーやトイレではバケツ1杯の水で済ますのである。ここカオハガンでは入浴は海に入って身体を擦ることで済ませ、トイレは無いという。女は海岸の縁で、男は海の中に入って用を足すのだという。潮の流れを見極め、潮の流れに向かって排泄するのがコツで、逆にすると大変なことになるらしい(前掲書「近い何もなくて・・」66頁)。したがって、排泄用などには貴重な雨水は使わないのだそうだ。崎山氏は、トイレはやはり必要と思われたので、竹で囲われたトイレを作ってみたが不評だったという。大きく、広い自然の中で、ゆっくりと用を足すのが気持ちよいのだろう。

こうしてみると、日本では当たり前のように考えられている、高い山があり、冬には雪が積もるとか、川が流れているなどということは、大きな財産を持っているとことになるいうことが、良くわかる。物質文明の行き着く先は、天国ではなく、地獄ではないかと思われる。

CIMG4320
これが天国に近い島の生活である。お金に代表される、「物」はないが、豊かな時間があるのが特長のようだ。文明社会には、時間もお金もなく、殺伐とした人々の暮らしがある。東京にあるのは、出社時間に遅れそうになった人々が、満員電車の中で、押し合いへし合いしながらイライラしている生活がある。働けど働けど、楽にも成らず、時間のゆとりもない文明社会の生活は、やはりミヒャエル・エンデが作品「モモ」(1973)の中で言うように、「時間窃盗団」に時間を「詐取」された結果なのかもしれない。そのようなゆとりのない生活が、人の心を蝕み、地獄を現出させているのかもしれない。

最後に、崎山氏の著作より抜粋した、カオハガンの生活=天国に近い生活、をまとめてみよう。

CIMG4222

天国の入口にある島

南方の人々は 穏やかな気候と 豊かな環境に恵まれて
その日暮らしができるため 将来に備えて行動することが あまりない
今 少し我慢して 将来に備えようということを しない
島では一日が何となく 過ぎていく
島のすべての人には 重要な予定はない
出会いの中で 一日が過ぎていく

気分が悪かったら 椰子酒を飲み ギターを弾き 歌う
魚を獲ったり 家の修理や お土産売の仕事もあるが
必ず今しなければならないと 思っているわけではない
また明日があるのだ
自然に身をゆだねて 太陽が沈むと 一日が終わり
太陽が昇ると また一日が始まる

時は 過ぎ去っていくのではなく 繰り返しているのだ
焦ることなく ゆったりと 今を生きる
自然のリズムに沿って 逆らわずに生きると
心が休まる

CIMG4239

広告

カオハガン紀行(6)続カオハガン島の生活


Kaohagan Island

崎山さんは午後は昼寝の時間で、面会はしない予定だそうだが、折角来た事を話して、無理やり昼寝の邪魔をする事にした。従って、あまり詳しいことは聞けなかったので、以下の文章は主に崎山氏の著書から引用したののである。
この島は、海の真っ只中にあるので、島のどこを掘っても塩水ぐらい出てきても良さそうなものだが、珊瑚礁は水はけが悪く、かつ井戸を掘っても水が出ないという話である。このカオハガンは砂で出来ているというが、やはり水は出ないらしい。カオハガン島の飲料水は全て天から降ってくる雨水に頼っているそうだ。崎山さんは島の中央部に縦10 m、横5 m、深さ2 mの穴を掘り、コンクリートで固めて水槽を作った。満水になると100トンの水瓶だ。家の近くに高さ6 mの給水塔を建てその上に10トンのタンクを置いたという。しかし、最高に貯まって約60%までで、満杯になった事はないそうだ。(前掲「何もなくて・・・」)

CIMG4333

島民は大抵直径1 m、深さ1 mの水瓶(容積785 L)を持っており、これに雨水を貯めて使用しているそうだ。6月から次の年の3月までは季節風が雨をもたらし、水不足の心配は無いというが、4月、5月は全く雨が降らず、飲料水が枯渇してくる。自家水がなくなると、学校と教会の屋根から取れる公共の雨水タンク(8トン、4個)から20 L 1ペソ(2.5 円)で水を買わなくてはならない。これも枯渇すると元酋長の未亡人サビナのタンク(8トン、1本)から20 L3 ペソ(\7.5)で、それも無くなるとマクタン島まで出かけて、20 L4-7ペソ(\10-19)で水を買うことになるのだそうだ。

CIMG4337

天恵の水の衛生度

飲料水を雨水に頼っているという、カオハガン島の状態を天国と見るか否かも、意見の分かれるところであろう。文明諸国人の目からすると、そういう不衛生な事をしなければならないとは、地獄の極みと映るかもしれない。しかし、崎山氏の著書によると、水質検査をした結果では、カオハガンの雨水の純度は122、東京のミネラルウオーターのそれは123, セブ島のミネラルウオーター144、東京の水道水230、セブ島の水道水370という結果で、ここの雨水はミネラル・ウオーターよりも、水道水よりもきれいなのだそうだ。(この数字は通電度、電気抵抗の逆数、mho、と思われる。)

CIMG4332 - コピー

島民の水の使用量は67人の1家族で160 L1人当たり平均10L弱である。これに対して東京都民は11246 Lの水を使っているという(前掲書)。朝日新聞(東京本社)(中村浩彦、2008610日・夕刊4版、14頁右上)によると、日本人1人1日平均310L、世界平均170L、都民は洗濯と風呂で114L,トイレで60Lの水を、毎日使っていると言う。軍隊の展開には水の補給が重要な任務で、ローマの水道はそのために作られたものだそうだが、近代の軍隊の場合、兵隊さん1人当たり1200L(ドラム缶1本)で計算しているそうだ。都民はそれ以上の水を使っている事になる。この東京の過剰な水使用状態は、食べても、食べても腹いっぱいにならないという、「餓鬼地獄」の一種ではなかろうか。(つづく)

CIMG4331

 

カオハガン紀行(5)カオハガン島の生活


CIMG4267

海上レストランでの大変な昼食を終え、カオハガン島へ向かう事になった。遠くにポツリと孤島が見えるようになった。カオハガンのようだ。

CIMG4302 - コピー

近づくと茅葺屋根の東屋のようなものが見える。続いて茅葺の大屋根の家が見えてきた。これが崎山さんが苦労して建てた、家の中に家の3分の1の風の通り道があるという台風に強い家のようだ。良く見ると風力発電機のようなものも見える。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

やがて砂浜の近くにきて船は停止した。これから先は海の中を歩く事になった。当然、想定の範囲内だったので、サンダルのまま海の中をジャブジャブと歩いて砂浜に上陸した。ここが「ポントグ」と呼ばれる砂嘴のようである。砂浜に屋台を並べて、バーベキューをやっている。なるほど、これではさっきのボッタクリ・レストランのほうが近代的だ(地獄に近い?)。砂浜はきれいでボラカイ並みである。ちなみにマクタン島のリゾートの浜は珊瑚礁で、素足では歩けない。そのため、ホテル内に、人工のラグーンと砂浜が作ってあるが、その砂はみなここから採取して行ったそうである。(崎山著「何も無くて豊かな島」新潮社、1995、41頁)。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

カオハガン紀行(2)・涼しげな海上レストラン


CIMG4306

オランゴ島の椰子の林を右手に見て、茫洋と霞む水平線へ向かって延々と進む。1時間も経った頃、まだ昼には早かったが、「干潮なので島に近づき難いし、向こうへ行っても碌なレストランは無いから」とかの理由で、途中の海上レストランで、早い昼飯を摂ることになった。ドイツ人女性ジャーナリスト、ミルダ・ドリューケの書いた「海の漂泊民族 バジャウ」(畔上 司訳、草思社、2003)に出てくる、陸に上がったスールー海の漂泊民バジャウ人の海上小屋のように、浅い海に杭を打ち屋根をつけた、涼しそうなレストランだ。いよいよ天国の近くに来たのかと感じる。

CIMG4233
この辺りは、崎山氏によると、魚の宝庫だそうだ。日本の魚屋で見かける魚は全ているという。もっとも寒流系の魚はいないだろうと思うが、、。ただし外洋で獲れる魚は商品で島民の口には入らないそうだ。干潮時に珊瑚礁の内側の浅瀬には、「ゴンズイ、タコ、ウニ、小さな蟹、貝、ウナギモドキ・・・1時間も歩くと小さなバケツ一杯となる、、」(崎山克彦「何も無くて豊かな島」新潮社、1995)ほど、魚が取れるので、それを食料としているという。マクタン島から毎週通ってくる小学校の女教師は、この状態を貧困の極みと見て、「涙なくしては見られない」と言っているそうだが(前掲書)、崎山氏はこれこそ「天国の生活」と見ているようだ。

CIMG4234

カオハガン紀行(1)・天国に最も近いといわれる島へ


kaohagan01

カオハガン紀行・天国に最も近いといわれる島へ(#1)

珊瑚礁の、薄いグリーンの浅い海に囲まれたカオハガン島は、北緯10度、フィリピンの中央部、セブ島とボホール島の間にある熱帯の小島である。そこに20以上も前から日本人が渡り、住みついているという。あるとき、天国の入り口に最も近いと思われるその島に、島の主、崎山さんを訪ねた。

本当はハドサン・ホテルとかの側にある船着場から出航するのだそうだが、前日、セブのマクタン島リゾートホテルを見学していた折、ヒルトンホテルの更に北側に、船着場を発見。ホテルの塀越しに地元の船頭と思しきクヤ(kuya, お兄さん)にカオハガン島へ連れて行ってもらう様に頼んだのだった。

Hilton at Mactan

船賃は往復3000ペソだという。タクシー8時間貸切と同程度の値段だ。多少高いのではないかと思ったが、“May be OK!”ということで船出した。乗客5名に対し、船員は10名程もいる。多少多いようだが何かの役に立つのだろう。

カオハガン島はセブ空港のあるマクタン島の更に東側、オランゴ環礁の中にある。オランゴ環礁の北の端に一番大きいオランゴ島がペンダントの様に存在し、それから南側にネックレスの様にいくつかの小島が環状に連なっている。カオハガン島は環礁の中央部の東側にある周囲2 kmほどの島だ。満潮時に環礁の中央部を突っ切るのがマクタン島からの最短ルートだそうだが、今は干潮だというので環礁の北側を大きく迂回することになった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

サマール紀行(2):東サマール州


CIMG0182
東サマールの州都ボロンガン、及びその他の村や町は全てサマール島の東側、つまり太平洋側を向いており、対岸の世界の盟主合衆国や旧宗主国メキシコ(フィリピンはスペインの副王が支配するメキシコの直轄領)、あるいは太平洋時代などと持ち上げられている大洋諸島国家群などと相い対してはいるが、そちら側の海運や貿易は殆ど無く、住民の関心も皆無のようである。海岸線に沿って車の通れる道路がある。舗装されているが、前州知事のエヴェルドーネさんが、州知事時代に完成させたもので、彼はMr. Kalsada(道路)と、呼ばれていた。
CIMG4967

サマール紀行(1):レイテからサマールへ


サマール紀行(1):レイテからサマールへ
551689_402043596528018_1936972244_n
昨年の台風で甚大な被害を受けたフィリピンのレイテ島とサマール島。
レイテより更に貧しいと言われるサマールには、東・西および北サマールの3州があるが、そのいずれにも、定期便の通っている空港はなく、最寄りの空港はレイテ島のタクロバンである。
 東サマールの州都ボロンガンからは、島の東海岸沿いを下って、南端を回り、サン・ファニーコ橋を渡って、乗用車で4時間は掛る。日本の援助でマルコス時代に出来たという、「東南アジアで一番長い」と現地のヒトが自慢する、このサン・ファニコ橋は観光名所とはなっているものの、レイテ側から見ると、交通量も少なく、無用の長物のようにも見えたが、サマール側から見ると、どうしてどうして、この橋は州都ボロンガンから首都マニラへと直結する道路であるばかりではなく、サマール島全域から、救急車が患者をタクロバンの病院へ、救急搬送するための最重要な生活道路なのである。
CIMG0179

レイテ紀行・美しいレイテ湾


CIMG0074
~海征かば水浸く屍、山征かば草生す屍~ フィリピンのレイテ島はフィリピンで7番目か8番目に大きな島のようだが、そこは太平洋戦争中、米軍が再上陸し日本軍と激戦を展開した地点である。またマルコス元大統領の夫人イメルダさんの故郷でもある。しかし,このレイテ島と東隣のサマール島を含む東ビサヤ地区は、フィリピンの「最貧地域」でもあるという。従って、物価は安いと思われ、長期滞在(ロングスティ)には、適しているのではないかと思われるが、戦争の後遺症もあるだろうから、現地人の対日感情はどんなものか、先ずは訪問してみることにした。
CIMG0475
上の写真は、レイテパーク・リゾート・ホテルの客室からの眺めである。現前に広がる海はレイテ湾(Leyte Gulf)の更に奥まった部分、サン・ペドロ湾(San Pedro Bay)である。向う側に見える陸地はサマール島だ。レイテ島とサマール島の間は、サン・ファニーコ(San Juanico)水路と呼ばれる、狭い海峡となっており、その上にはサン・ファニーコ橋と呼ばれる橋が架っていて、現地の人が「東南アジアで最も長い橋」と自慢している。太平洋戦争で、フィリピン奪還を目指したマッカーサー元帥を総司令官とした米軍が反攻上陸した地点は、写真の向かって右方向(南側)にある。かって上空を日本軍の零戦・神風特攻機や米軍のグラマン機が飛び交ったとは思えない、平和な海である。朝焼けや、夕暮れのレイテ湾は美しい。ここにその写真をいくつか示す。

スライドショーには JavaScript が必要です。

アンヘレスのクラークトン・ホテル


CIMG5101
アンヘレスの住人クーヤ・タモン御用達のこのホテルには、新しい4階建ての客室が1棟、古い3階建ての客室が1棟のほか、ストリートに面した一番古いと思われる3階建ての、受付の他、レストラン、カフェ、バーなどのある建物、合計3棟のビルから成っている。この3つの建物が、プールを囲んで並んでいる。宿泊客は欧米人が多い。オーナーがドイツ人なので、ドイツあたりの旅行代理店と契約しているのだろう。世界各国の新聞を、インターネットで購入し、コピーをロビーに置いているが、20-30種類と多い。日本の読売新聞もあるが、インターネット新聞は横幅が狭いのが特徴で、なんとなくせせこましい。
CIMG5060

CIMG5077

CIMG5083
CIMG5369
よく見ると、プールの周囲をグルグルと歩き回っているご老人がいる。頑丈そうな体格である。日本人のような顔立ちだが、実は韓国系だという。プールサイドの椅子に腰掛けて朝のコーヒーを飲んだ後、ホテル中を早足に歩き回っている。どうやらこのホテルでロングステイしている「お客さん」らしい。朝の運動のつもりらしいが、何故、外でやらないのか不思議である。フロントのカウンターの前も通り過ぎるが、その傍にある玄関からは、一歩もホテルの外へ出る事はなく、また引き返して来て、プールサイドをグルグルと回り続けている。ホテルの外へ出ると、いろいろと危険が身に迫るという、セキュリティ意識・習慣がしっかりと身についているのだろうか?日本人には真似の出来ないところだ。ホテルには小さなフィットネスルームもあるが、もっとチャンとしたトレーニング施設を作るべきだ。そうなるとこのホテルには、ショーも見られるクラブや、カラオケルームもあり、ここで一日を過ごす事は可能となり、ロングステイする客も増えるだろう。しかし、自然とのふれあいが少ないことが、やや問題である。
CIMG5081
CIMG5375

CIMG5092

CIMG5074
ロングステイヤーには、このホテルのような、クラブ・センターが必要なようである。さらに、地域全体の「エンターティンメント」の質的向上が最も肝心だ。行政府は治安問題があり、歓楽街の発展には及び腰であるが、外国からのロングステイヤーを呼び込むためにも、エンタテイナーの発掘・養成に力を注ぎ、アンヘレスを「東洋のラスベガス」として世界中に売り出す算段をすべきではないかと思われる。フィリピン人には、芸能的素質はあるようだが、スポンサーが貧困なせいか、まだ、ショービジネスでは世界的レベルに達していないようだ。多聞氏の仕事も組織的に行えば立派な産業となるだろう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ビキニ美人コンテスト(2)


ビキニ美人コンテスト(2).