タグ別アーカイブ: resort

カオハガン紀行(6)続カオハガン島の生活


Kaohagan Island

崎山さんは午後は昼寝の時間で、面会はしない予定だそうだが、折角来た事を話して、無理やり昼寝の邪魔をする事にした。従って、あまり詳しいことは聞けなかったので、以下の文章は主に崎山氏の著書から引用したののである。
この島は、海の真っ只中にあるので、島のどこを掘っても塩水ぐらい出てきても良さそうなものだが、珊瑚礁は水はけが悪く、かつ井戸を掘っても水が出ないという話である。このカオハガンは砂で出来ているというが、やはり水は出ないらしい。カオハガン島の飲料水は全て天から降ってくる雨水に頼っているそうだ。崎山さんは島の中央部に縦10 m、横5 m、深さ2 mの穴を掘り、コンクリートで固めて水槽を作った。満水になると100トンの水瓶だ。家の近くに高さ6 mの給水塔を建てその上に10トンのタンクを置いたという。しかし、最高に貯まって約60%までで、満杯になった事はないそうだ。(前掲「何もなくて・・・」)

CIMG4333

島民は大抵直径1 m、深さ1 mの水瓶(容積785 L)を持っており、これに雨水を貯めて使用しているそうだ。6月から次の年の3月までは季節風が雨をもたらし、水不足の心配は無いというが、4月、5月は全く雨が降らず、飲料水が枯渇してくる。自家水がなくなると、学校と教会の屋根から取れる公共の雨水タンク(8トン、4個)から20 L 1ペソ(2.5 円)で水を買わなくてはならない。これも枯渇すると元酋長の未亡人サビナのタンク(8トン、1本)から20 L3 ペソ(\7.5)で、それも無くなるとマクタン島まで出かけて、20 L4-7ペソ(\10-19)で水を買うことになるのだそうだ。

CIMG4337

天恵の水の衛生度

飲料水を雨水に頼っているという、カオハガン島の状態を天国と見るか否かも、意見の分かれるところであろう。文明諸国人の目からすると、そういう不衛生な事をしなければならないとは、地獄の極みと映るかもしれない。しかし、崎山氏の著書によると、水質検査をした結果では、カオハガンの雨水の純度は122、東京のミネラルウオーターのそれは123, セブ島のミネラルウオーター144、東京の水道水230、セブ島の水道水370という結果で、ここの雨水はミネラル・ウオーターよりも、水道水よりもきれいなのだそうだ。(この数字は通電度、電気抵抗の逆数、mho、と思われる。)

CIMG4332 - コピー

島民の水の使用量は67人の1家族で160 L1人当たり平均10L弱である。これに対して東京都民は11246 Lの水を使っているという(前掲書)。朝日新聞(東京本社)(中村浩彦、2008610日・夕刊4版、14頁右上)によると、日本人1人1日平均310L、世界平均170L、都民は洗濯と風呂で114L,トイレで60Lの水を、毎日使っていると言う。軍隊の展開には水の補給が重要な任務で、ローマの水道はそのために作られたものだそうだが、近代の軍隊の場合、兵隊さん1人当たり1200L(ドラム缶1本)で計算しているそうだ。都民はそれ以上の水を使っている事になる。この東京の過剰な水使用状態は、食べても、食べても腹いっぱいにならないという、「餓鬼地獄」の一種ではなかろうか。(つづく)

CIMG4331

 

カオハガン紀行(4)ボッタクリ文明の侵入


CIMG4249

一行の中に、甲殻類アレルギーの者がいたので、エビやカニの類は一切注文しなかったのだが、どんどん出てくるのだ。変だなと思ったが、そういうものは全て返品して、或いは返品したつもりで、いざ支払いの段となってその高い勘定書に驚いた。

CIMG4254

合計17,600ペソ、日本円で44,000円(当時のレート1p2.5円)である。マカティのシャングリラ・ホテルにあるマニラでは超一流といわれる中華料亭「上宮飯店」で北京ダックやフカヒレなど3人で食べきれないほど食べても10,000ペソぐらいだ。それ以上の値段である。この田舎では、少し高すぎる。どうも、まだ昼にもなっていないのに、ここへ寄ったことが怪しい。船頭と飯屋がつるんでいるようだ。舟人足共の昼飯代も皆含まれているのだろう。歌舞伎町の“ぼったくりバー”顔負けの、レストランである。

CIMG4256

この勘定書では、どうしてこの価格になったのかわからないので、「どの料理は幾ら、どの料理は幾ら」、と書いた明細書を出してくれるように頼んでみたら、ママさん兼調理主任らしいアテ(小母さん乃至お姉さん)が出てきて、“アソーテド”なので明細は不明だという。おまかせ料理というつもりらしい。それではメニューを見せろと言って見た。もっともこういうことは最初に言うべきことなのだが、“アイランド・アフェアー”と言うことで油断していたわけである。メニューも用意していないという。この辺は“島の事情”だ。昨日マクタン島のレストランで、ラプラプの焼魚他、アドボ、シニガンなど3人で食べ放題に食べて、700ペソ(1,750円)だったので、その延長線上で、2000ペソか観光地なので3000ペソぐらいに考えていたのだが、これはチョッと性質(タチ)が悪い。こういうボッタクリを繰り返すと、客が来なくなるので、自分で自分の首を絞めているようなものだが、頭の悪いワルがこの辺りに、蔓延(ハビコ)って来ているようだ。

CIMG4261

日本式問題解決法

こういう時は大声で怒鳴るにかぎる。日本語で十分である。英語や現地語を使う必要はないのだ。怒っている事は誰にでも分かるし、意味が分からないだけ余計に効果があるのだ。大声で「この馬鹿ヤロー!こんな高いもの払えるか!書き直して来い!」と言ってみた。この方法は、インド、インドネシア、フィリピンでは実証済みで、効果があることが分かっているが、日本、韓国、中国では使用しないほうが良いだろう。北アジアの連中はしょっちゅう喧嘩をしているので、一寸ぐらい怒鳴られてもへこたれない。かえって薮蛇になることが多い。ソウルや上海などでは街を歩いていると、いきなり殴り合いに出くわすことが多いが、東南アジアやインドでは喧嘩は見たことが無い。スリランカで暴威を奮っているタミール族も、本拠地チェンナイ(旧マドラス)では大人しいもので、そこではイスラムもヒンドゥーも、隣合わせに寺院があっても喧嘩をすることはない。タミール人の“イーラムの虎”が暴れているのは何故だろう?フィリピン人は特に怒鳴られるのには弱いようだが、何故だろう?300年にも及ぶスペイン人による統治の影響だろうか?

CIMG4257

効果はてきめんである。アテが早速書き直してきた勘定書を見ると、11000ペソ×5人分で5000ペソと大雑把な勘定だが一応明細にはなっている。それにビールや飲み物の代金は細かく書き加えて、合計6,500ペソ(16,250円)だという。一挙に半分以下になったが、まだ、十分に高すぎる。この半分ぐらいが正当な値段だ。しかし、舟に乗ってきた連中やら、魚を取ったり運んだり等、多くの関連企業?の皆さんが何とか食っていくにはこのぐらいの金が必要なのだろう。と考えるのが日本人の甘く優しい所で、東南アジアの人々から好感を持って(ある程度馬鹿にされて)迎えられている(たかられている)所以であろう。韓国人やオーストラリア人はシビアに値切るので嫌われている。中国人は徹底的に値切った後で、チップだと言って最初の値段を支払うという、不思議な取引(朝貢貿易の名残か)をするので尊敬されている。

CIMG4221

そんな事で、この辺で支払うことにし、500ペソずつ数えながら、相手に渡し、五千ペソになったあたりで、「時蕎麦」よろしく、It’d be OK!と言ってみたら、アテ・ママはニコニコして、サンキューと、握手をしてチップも要求せず去っていった。何れにせよ天国の近くまで地獄が迫っている事が分かり、大変良い勉強になった。

CIMG4265

カオハガン紀行(2)・涼しげな海上レストラン


CIMG4306

オランゴ島の椰子の林を右手に見て、茫洋と霞む水平線へ向かって延々と進む。1時間も経った頃、まだ昼には早かったが、「干潮なので島に近づき難いし、向こうへ行っても碌なレストランは無いから」とかの理由で、途中の海上レストランで、早い昼飯を摂ることになった。ドイツ人女性ジャーナリスト、ミルダ・ドリューケの書いた「海の漂泊民族 バジャウ」(畔上 司訳、草思社、2003)に出てくる、陸に上がったスールー海の漂泊民バジャウ人の海上小屋のように、浅い海に杭を打ち屋根をつけた、涼しそうなレストランだ。いよいよ天国の近くに来たのかと感じる。

CIMG4233
この辺りは、崎山氏によると、魚の宝庫だそうだ。日本の魚屋で見かける魚は全ているという。もっとも寒流系の魚はいないだろうと思うが、、。ただし外洋で獲れる魚は商品で島民の口には入らないそうだ。干潮時に珊瑚礁の内側の浅瀬には、「ゴンズイ、タコ、ウニ、小さな蟹、貝、ウナギモドキ・・・1時間も歩くと小さなバケツ一杯となる、、」(崎山克彦「何も無くて豊かな島」新潮社、1995)ほど、魚が取れるので、それを食料としているという。マクタン島から毎週通ってくる小学校の女教師は、この状態を貧困の極みと見て、「涙なくしては見られない」と言っているそうだが(前掲書)、崎山氏はこれこそ「天国の生活」と見ているようだ。

CIMG4234

サマール紀行(12) 東サマールの港湾と道路と観光


?????????????????????????????
東サマール州にある二つの空港は、いずれも狭く規格外でジャンボジェット機には適してはいない事は先述のとおりだが、一方、海の港の方も東サマールには3ヶ所あるものの、どれも近代的港湾とは言い難く、大型船には向いていない。東サマールの海岸は殆どが珊瑚礁で覆われており、引き汐になると浅瀬となってしまうので、大きな船は勿論、バンカ・ボートでも近づけない。州都ボロンガンには、この海に、突堤を築き、小型―中型船が着岸できるようにはなっている。しかし、荷揚げ設備としては、クレーン船を一艘、突堤の先端に停泊させ、それによって積み荷の上げ下げを行っているようだ。
?????????????????????????????

?????????????????????????????

?????????????????????????????
ヘネラル・マカルトゥールにも港があるが、漁港のようで、どのぐらいのトン数の船が停泊できるのかは不明である。見学したときはバンカが一艘、舫って居ただけだった。
?????????????????????????????

?????????????????????????????

?????????????????????????????
サマール島東南端のギーワンにも港があり、当地の小学生用の社会地図帳にも、港のマークとレイテ島タクロバンへの航路が記されている。しかし、岸壁のようなもの、あるいはクレーンのような荷揚装置は見当たらず、小型のクルーサーが一艘停泊していただけだった。
?????????????????????????????陸路の状況は、本紀行の、はじめの方にも記したように、サマール島東海岸沿いの道路は一本道で、舗装状態が極めて悪く、時速20-30kmで走るのが関の山だった。しかし、前知事エバルドーネ氏は知事退職後(任期1年、再選不可)、下院議員となって、東サマール州道路改善事業を立ち上げ、公費で改修を進めた結果、一応、片道1車線の舗装道路が出来た。従って、今では時速50-60kmぐらいで走ることが出来るようになり、従来、1時間はかかっていた、ボロンガンーリョレンテ間を、30-40分程度で走ることができる。彼が道路予算を一番多く使ったというので、彼にはミスター・カルサーダ(Mr. Kalsada)といるアダ名がついたという。カルサーダとは、タガログ語で”道路”という意味である。但し、車道のみで歩道は無いが、今のところは、交通量が殆どないので問題はない様である。

CIMG4955 Grgy. Punta Maria CIMG4965 ?????????????????????????????
乗用車はほとんど走っていない。超満員のジプニーやオートバイの横にリヤカーを付けたような「トライシッケル」と呼ばれている乗り物、あるいは、マニラで言うところの「ペディキャブ」(輪タク)が時々走っているような状況である。このように、空・海・陸、共にそろって、運輸交通事情は将に、「発展途上」そのものである。

同様に、観光業にも目下のところ、セブのマクタン島に見られるような、大型の観光施設・レジャー産業は皆無である。所々に付近の人々が「浜遊び」に出かけるような、日本流に言うと「海水浴場」が存在するのみである。しかし、それはそれで結構楽しそうである。しかも、きわめて安い料金で利用することができる。

スライドショーには JavaScript が必要です。


マニラのナショナル・ブック・ストアで購入した観光アトラスには、ボロンガン付近に「洞窟」や「筏乗り」が有るように記してあるが、当地の人は全く知らない。このように、観光・レジャー産業には、全く見るべきものはない。海と山と川があるので、今後観光資源を開発しようとすれば、可能ではあるが、そのためには、交通基盤の整備が肝要であろう。

レイテの新名所:レイテ・パーク・ホテル


CIMG0080
このホテルは、レイテ湾の最も奥まった部分―サン・ペドロ湾を見下ろす小高い丘の上に建っている。地元の住民はイメルダのホテルと呼んでいる。この場所はイメルダさんに取って、思い入れのある土地のようだ。フィリピンの施設はどこでも同じようなものだが、このホテルも、例えば、「マニラの国鉄」、「LRT」、或いは、「マニラ・ホテル」の様な状態である。収益が悪いためか、メインテナンスがキチンの行われていないので、半ば、朽ちかけているのだ。マニラ・ホテルなどは、クルーズもやっていたことがある「汽船」を一艘、ホテル近くのドックに係留しているが、殆ど動く気配もない状態だ。このホテルも、エアコンなどは旧式のGE製でガタガタとものすごい音を立てているが、殆ど空気は冷たくならないなどと、評判が悪い。ビーチフロントにあるレストランは閉業状態。向こう岸近くにレジャー用の島も保有しているが、これも開店休業のようだ。料金を低く設定しているためか、地元民の利用が多い。エレベーターは3階しかないので不必要と考えたのか、形骸は残っているが、全く動かない。そういう通常のホテルに当然備わっているべきものを、期待している客に取っては、全くダメなホテルで、2スターぐらいの評価しかされていない。しかし、これでもフィリピンの平均的国民にとっては高値の花であろう。素晴らしいのは、客室からのレイテ湾の眺めであろう。そのためだけを目的としても、このホテルの存在価値はあろう。下にあるコテージより3階に泊まった方が良い。 (http://wp.me/p1kgUv-9T)


ホテルには、レストランやカフェもあるが、午後3時から6時頃までは、いわゆる「メリエンダ」のお時間で、まともな食事はできない。すべてが甘いものばかりである。ただし、ワインとマルガリータは飲むことができる。

スライドショーには JavaScript が必要です。

アンヘレスのクラークトン・ホテル


CIMG5101
アンヘレスの住人クーヤ・タモン御用達のこのホテルには、新しい4階建ての客室が1棟、古い3階建ての客室が1棟のほか、ストリートに面した一番古いと思われる3階建ての、受付の他、レストラン、カフェ、バーなどのある建物、合計3棟のビルから成っている。この3つの建物が、プールを囲んで並んでいる。宿泊客は欧米人が多い。オーナーがドイツ人なので、ドイツあたりの旅行代理店と契約しているのだろう。世界各国の新聞を、インターネットで購入し、コピーをロビーに置いているが、20-30種類と多い。日本の読売新聞もあるが、インターネット新聞は横幅が狭いのが特徴で、なんとなくせせこましい。
CIMG5060

CIMG5077

CIMG5083
CIMG5369
よく見ると、プールの周囲をグルグルと歩き回っているご老人がいる。頑丈そうな体格である。日本人のような顔立ちだが、実は韓国系だという。プールサイドの椅子に腰掛けて朝のコーヒーを飲んだ後、ホテル中を早足に歩き回っている。どうやらこのホテルでロングステイしている「お客さん」らしい。朝の運動のつもりらしいが、何故、外でやらないのか不思議である。フロントのカウンターの前も通り過ぎるが、その傍にある玄関からは、一歩もホテルの外へ出る事はなく、また引き返して来て、プールサイドをグルグルと回り続けている。ホテルの外へ出ると、いろいろと危険が身に迫るという、セキュリティ意識・習慣がしっかりと身についているのだろうか?日本人には真似の出来ないところだ。ホテルには小さなフィットネスルームもあるが、もっとチャンとしたトレーニング施設を作るべきだ。そうなるとこのホテルには、ショーも見られるクラブや、カラオケルームもあり、ここで一日を過ごす事は可能となり、ロングステイする客も増えるだろう。しかし、自然とのふれあいが少ないことが、やや問題である。
CIMG5081
CIMG5375

CIMG5092

CIMG5074
ロングステイヤーには、このホテルのような、クラブ・センターが必要なようである。さらに、地域全体の「エンターティンメント」の質的向上が最も肝心だ。行政府は治安問題があり、歓楽街の発展には及び腰であるが、外国からのロングステイヤーを呼び込むためにも、エンタテイナーの発掘・養成に力を注ぎ、アンヘレスを「東洋のラスベガス」として世界中に売り出す算段をすべきではないかと思われる。フィリピン人には、芸能的素質はあるようだが、スポンサーが貧困なせいか、まだ、ショービジネスでは世界的レベルに達していないようだ。多聞氏の仕事も組織的に行えば立派な産業となるだろう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

オムレツの香りとウエイトレスの笑顔で1日が始まる


CIMG5371
クーヤ多聞(タモン)は日本人のロングステイヤーだ。55歳で早期定年退職し、フィリピンはマニラの北方にある、アンヘレス市にやって来てから、もう2年以上になる。最近では異国の生活にも、すっかり馴染んでしまい、日本にいる時と少しも変わりなく、毎日が愉快に過ぎて行く。彼の一日は、「クラートン・ホテル」というスドイツ人が経営しているプチ・ホテルに、ブランチを食べに行くことで始まる。彼は朝飯を499ペソで食べさせる、レストランを避け、バーのカウンターの前あたりに腰を掛ける。すると、いつも決まって、ウエイトレスのメリッサが、美 しい笑顔とともにコーヒーを運んできて、ウインクして帰ってゆく。注文を取らなくて無くてもイイのだ。彼の朝飯は、いつも「メリッサの笑顔」と「一杯のコーヒー」と「スパニッシュ・オムレツ」で始まるのである。
CIMG5374
CIMG5382
CIMG5379
CIMG5370

アンヘレスにある日本人ロングスティヤーのための施設


さて、お迎えの車に乗って、日本人ロングステイヤー専用の滞在施設へ、見学に出かけることになった。ホテル前のドン・ホイコ通りを西に向い、ハングル文字の看板が沢山出ている辺りを左折すると、さらにハングルが増える。この辺りは、「コリアン・タウン」だという。新宿の大久保駅付近のよりは小規模だが、れっきとした韓国街となっている。やがて橋を渡ると、ハングルが消えるが、この道路にはFil-Am Friendship Highwayという比米友好を称える名前が付いているところから見ると、かって駐留していた米軍によって造られた道路かも知れない。やがて門番の居る”ヴィレッジ”についた。フレンドシップ・プラザと言うレジデンシャル・エリアだ。瀟洒な2階建の洋館の一つがその施設「フレンドシップ・クラブ」だ。(Filippine Clark Friendship Club) 道路を挟んで向かい側にも2階建の洋館が建設中である。
Guest Houses for long-stayers

Long-stayer's House in Angeles.

ガレージから入るとそこには半分は屋内半分は庭に突き出た洒落たプールがあり、日陰のソファに日本人が3-4人たむろしている。長期滞在者かと思ったが、日本から時々遊びに来ている常連客だという。ここは会員制のクラブ組織で、日本の「テクニカルブレイン」という会社が経営しているのだという。建物の半分は社長の奥さんのフィリピン人一族が居住し、残りの半分がゲストハウスとなっているわけだ。

Pool at the back yard.

Pool at the back yard.

CIMG5245
 1階は食堂、リビングなどのソーシャル・ユースに当て、2階に数室居室がある。年間30日の分割利用で5年間80万円だという。30日分で16万円となる。道路を挟んだ向かい側には、売り出し中のコンドミニアムが完成間近だ。価格は「お問い合せください。」との事である。内部の様子を少しだけ載せておこう。
詳細は→ http://www.tecb.co.jp/friendship/ 

スライドショーには JavaScript が必要です。

クラーク経済特区の将来性(2)


クラーク経済特区で、飛行場についで、あるいはそれよりも大きな施設は、米軍の将校住宅を改造した宿泊用のコッテージと、ホテルおよびプールを有するフォンタナ温泉レジャー公園(Fontana Hot Spring Leisure Park)である。その看板などに漢字があるところからみると、この施設は台湾人の経営のようである。台湾から来たと思われるお客さんで賑わっている。ディズニーランドほどの代物ではないようだが、流れるプールがあり、浮き輪につかまって大人が流れてくる。ホテル内にはスーベニアショップやレストランがあり、台湾人と思しきお客で埋まっており、景気は良いように見える。

  

CIMG5120
CIMG5122

CIMG5123

CIMG5124
CIMG5110

CIMG5111

CIMG5115

CIMG5116

CIMG5117

CIMG5119
地域内には、日本から進出している企業もあるようだが、医療用カテーテル製造業などの軽工業のようである。自動車等の日系大工業は、マニラより南部に展開しているという。ここには、いろいろな事務所のような建物はいくつかあるが、大産業地帯を形成しているようには見えない。要は、外国人でも土地が買えるという事が宣伝文句なのだが、実は50年限で土地をリースで使用することが出来るということだそうで、始まってから、既に10年程度経過しているので、あと40年で終わるが、その後どうなるかは決めていないのであろう。リース終了後は、自分のものになるのが普通だが。経済特区の東側に沿って、鉄道が走っているが、有効には利用されていない所を見ると、本経済特区のフィリピン経済の将来に及ぼす影響も、そう大きくはないだろうと思われる。

CIMG5142

CIMG5143

CIMG5144

CIMG5146

CIMG5147

Nagura Beach, Here and There


スライドショーには JavaScript が必要です。

  ナグラビーチの女主人、ウィーリンさんは英語は話すが、日本語は全くだめ。妹さんが日本人と結婚して日本にいるそうだ。その妹の子供が一緒に住んでおり、ウィリン伯母さんが毎朝トライシッケルに乗せて小学校に送って行っている。この妹さん夫婦が将来ここに帰って、跡を継ぐことになれば、また日本からの客が増えることになるかもしれない。

  付近は漁村で浜辺には漁船がたくさんあるが、観光用の施設はダイビング・スポット以外には何もない。至って静かな雰囲気の中に、時間が止まっている。日陰になっているベランダの椅子に座って、海風に当たりながら、サンミゲル・ビールのビンを空けていると、天国ならぬ極楽である。私には天国よりも極楽のほうが実感があり、望ましい感じがするが、スピリチュアリティの違いによるものだろうか?  

     東に行けば先ほど着いた波止場を通り越して、更に2-3kmのところ、波止場の付近も含めてポブラシオン地区(バランガイ)と呼ばれているらしいが、そこにカラオケ・バーが4-5軒、サリサリストア他、ホテルなどがある。その中にYokota Sea Clubという日本人の経営らしい宿泊施設もあるが、現在改装休業中である。更に山を越えて7-8キロも行けば、最初に船が着いたサバンビーチに至る。前述のようににぎやかな観光地である。名倉ビーチから西へ向かうと、ホワイト・ビーチに出る。こちらは多少鄙びていて、お店や食堂も並んでいるが、サバンビーチに比べると静かで、海がきれいな所である。